金スマに出演 ディーンフジオカさんの過去!香港でのスカウトからブレイクまでたったの4ヵ月!夢破れても強いかっこいい生き様

 

 

現在大ブレイク中のディーン・フジオカさん

ですが日本では、2014年まではほぼ無名でした。
2015年に新たなイケメンが突如現れた感じでしたもんね😁
その際に「ノマド(遊牧民)俳優」「逆輸入俳優」「第二の金城武」などと言われていたのも、まだ記憶に新しいと思います。それくらい最近の人!

なのでアジア圏では、すでに熱狂的なファンがいる人気俳優なんです✨

 

 

ディーン・フジオカさんのプロフィール的なものはこちらをご覧ください↓
朝ドラ初出演「あさが来た」五代才助役(五代友厚役) 逆輸入俳優ディーン・フジオカは結婚していて子どもは2人!

 

 

朝ドラに出られる前とは違い、最近はバラエティーやトーク番組の出演もあり情報が増えてきましたね♪
ファンとしては嬉しいですよね(^^)

それにしても…

いつ見てもブレないカッコ良さ✨✨
キュンキュンするのと同時に、そのブレなさがおんなじ人間として羨ましくもある(笑)

 

スポンサーリンク

 

役柄がロスられるほどの人気に!
「五代ロス」

ディーン・フジオカさんが日本でブレイクするきっかけとなった役・五代友厚(ごだいともあつ)☆

現在も放送中の朝ドラ「あさが来た」での、大事な役どころでした。
「でした」というのは、2月中の放送で、五代さまはご病気で亡くなられてしまったから。

 

その事に対して

「もう見られなくなるなんて」

「五代さまを死なせないで」

という言葉が寄せられるほど、ディーンさん演じる五代さまは視聴者からかなりの人気を得ていました✨

 

ですが五代さまは実在した人物。
亡くなる時期を変えることは歴史上ムリなことでした(´・ω・`)

 

その結果、日本各地で「五代ロス」の現象が生まれてしまったというわけです^^;

 

「◯◯ロス」とは…
◯◯のことが好きすぎて、◯◯の訃報に打ちひしがれ、仕事や家事が手につかなくなる現象。
◯◯自身が幸せになったことでも(結婚など)、◯◯のことが好きすぎる人からしたら訃報になってしまう。

 

 

それにしても、役名でロスられるって凄くないですか?(✽ ゚д゚ ✽)

人気すぎて、スピンオフが作られるという話も出ているくらいです(✽ ゚д゚ ✽)

ですがこれは、ディーンフジオカさんだったから起きた現象なんでしょうね!
ディーンさんが「五代さまという良い役をもらえた」と言うよりは、ディーンさんが「五代さまを上手く演じた」と言ったほうが、私は自然な気がします(^^)もちろんお顔は大事ですが(笑)

 

 

朝ドラを観ていない方はこちらをご覧ください↓
安定の視聴率!朝ドラ「あさが来た」あらすじ 人気の理由は?「なんでどす?精神」で成功した女性の物語

 

スピンオフの主役は亀助

五代さまが主役か!?とも言われていた【あさが来た】のスピンオフドラマですが、実際の主役は、三宅弘城さん演じる亀助(きすけ)だったようです☆

BSプレミアムで4月に放送、5月に再放送もされたようですが、わが家はBSは観られないので、地上波での再放送を待ち望んでいます。

 

 

五代さまから一転!
新ドラマでドSキャラ!?

五代ロスに重なるように始まった、ディーン・フジオカさん出演の火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」♡
このドラマでディーンさんは、黒沢歩(くろさわあゆむ)という役を演じています。

五代さまからは一転、黒沢歩はドSキャラなので、五代ロスにハマってる方の心を癒せるかは分かりませんが^^;
ただ身近な人を思いやれる気持ちと、それをサラリと行動にうつすところは五代さまと同じだと思いますよ♡

だからと言って、黒沢歩にハマらないようにご注意を⚠
せっかく五代ロスから抜け出せても、黒沢ロスになったらまた大変ですからね⚠(笑)

 

ついに金スマに出演!
新企画《スター街道》に登場

【中居正広の金曜日のスマたちへ】に出演されました☆

私は久しく金スマを観ていなかったのですが、スター街道を突き進む人物を紹介する《スター街道》という新企画が始まったらしいです。
そしてディーン・フジオカさんは、そのスターゲストとして登場されました✨

なぜかマキタスポーツさんがディーンさんの半生を説明されていました(・_・)
マキタスポーツさんは、ディーンさんとおんなじマルチタレントで、朝ドラ出演歴もあり、双子のお子さんがいるという共通項があるからだとか(笑)

 

スター街道に繋がる
ディーンさんのカッコ良すぎる半生

モデル・映画監督・作詞作曲をするミュージシャン

日本語・北京語・英語・インドネシア語・広東語の5ヶ国語をあやつるマルチリンガル✨

この時点でだいぶカッコイイですが✨
マキタスポーツさんが言うには、いつの時代も「人生もカッコイイ!」というがスターの法則らしいです。

 

ジュノンボーイ・コンテスト出場

1997年、ディーンさんが17歳のときに、芸能界の登竜門と言われている「ジュノンボーイ・コンテスト」に参加。
ですがこれは本人の意志ではなく、ディーンさんの妹さんが勝手に応募したそうです。

ちなみに過去のジュノンボーイ・コンテストでは、武田真治さん・袴田吉彦さん・柏原崇さん・小池徹平さん・平岡祐太さん・溝端淳平さんなどがグランプリを獲得しています👑

 

ディーンさんは、応募総数10,563人の中で最終選考の6人に残りました!

デビューの話ももちかけられたそうですが、ディーンさんは断ったそうです。

 

17歳でビル・ゲイツや
スティーブ・ジョブズが目標

スカウトを断った理由は、芸能界よりも他にもっとやりたいことがあったから。

というのも、高校生の時に目標としていた人物がビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズだと言うのだから、やっぱり普通じゃない(゚∀゚;)

「日本で会社勤めをして…というよりアメリカで新しいIT関連の仕事をすれば、ビル・ゲイツやジョブズのようなトップになれるんじゃないかな」

どんだけしっかりしてるんだ(゚∀゚;)
こういった考えは、お父様の影響だそうです☆

というわけで、19歳でアメリカ・シアトルに留学します(✽ ゚д゚ ✽)

 

夢を壊された事件

アメリカでは、ホストファミリーにお世話になっていたそうです。
そして、ホストファミリーのお父様から呼ばれた愛称が「ディーン」(^^)

シアトルの大学ではやっぱりIT学科を専攻✨
夜はバンド活動をしながら青春時代を謳歌していたらしいです(^^)

 

当初の予定通り、アメリカに定住し、会社設立を考えていたディーンさんですが…

大学卒業の2年前に起きた9.11の同時多発テロ。
この事件によって、外国人のビザが発行されづらくなりました。
そのためディーンさんは、永住することを断念せざるを得なくなりました。

 

夢破れてバックパッカーに!

アルバイトで貯めたお金や、身の周りのものを売って、23歳の時にアジアへとバックパッカーの旅に出ました。

北京→ベトナム→カンボジア→タイ→香港と、3ヵ月かけて陸路で周ったそうです(´゚д゚`)
※タイ→香港は空路

私なんて、香港に行ったとき到着から数時間でホームシックになりましたよ(´゚д゚`)
やっぱりスゴイ人だよディーンさんよ~

 

バックパッカーで運命の出会い

香港に立ち寄ったのは24歳のとき。

 

香港滞在から2~3週間…

 

香港の中心街のワンチャイで、夜のクラブにふら~っと遊びに行ったそうです。

そしてそこで催されていたイベントに飛び入り参加したディーンさん!
アメリカで練習していたラップを披露したんですって(´゚д゚`)ヤッパリスゴイ

 

その様子を見ていたファッション誌の編集者が、モデルとしてディーンさんをスカウト☆

それが香港の芸能界入りに繋がりました。

 

香港で仕事をするにあたり、日本名よりも覚えてもらいやすいということで「DEAN FUJIOKA」を名乗ることになったそうです☆

 

スカウトからたったの4ヵ月…

ファッションショー・ミュージックビデオ・CMなど、活躍の場を広げていくことになったディーンさん✨

 

ソニーのCMに抜擢され、ワンチャイにあるタイムズスクエアの大モニターでそれが流されました。
ワンチャイの大モニターは、映るだけでステータスが上がる場所だそうです☆(日本で言うところの、渋谷のスクランブル交差点の大モニター)

そのことがきっかけで食べていけるようになったそうです

 

と言っても💧

 

スカウトされてからモニターに映し出されるまでのその期間、たったの4ヵ月(+_+)

✨まさにスター街道✨

 

 

まだまだ続くディーンさんのスター街道✨

この後のさらなる香港での活躍、そして台湾からのスカウト&活躍はこちらをご覧ください↓
ディーンフジオカさんの香港~台湾のスター街道!過去の出演作が中国全土で驚異の視聴率!

 

更にその後、台湾~ジャカルタ~日本での活躍はこちらをご覧ください↓
ディーンフジオカさん 日本でのデビュー作は映画【I am ICHIHASHI】 葛藤した問題作

 

スポンサーリンク

まとめ

・1997年 妹さんが勝手に応募したジュノンボーイ・コンテストで最終選考6人に残る。

・高校生にして、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズが目標だったため、ジュノンボーイ・コンテストで上がった芸能界デビューの話を断る。

・1999年 高校卒業後、夢を叶えるためアメリカに留学。

・アメリカのホストファミリーの父親に「ディーン」という愛称を付けられる。

・2001年 留学中に起きた9.11同時多発テロ事件が原因で、ビザ取得が困難になり夢破れてしまう。

・2004年 アジア圏にバックパッカーの旅に出る。

・バックパッカーの旅で立ち寄った香港でモデルとしてスカウトされる。

・モデルとして、日本名より覚えてもらいやすいようにと「DEAN FUJIOKA」を名乗る。

・スカウトからたったの4ヵ月でブレイクする。

 

 

スポンサーリンク