王様のブランチ出演 村田沙耶香さんはクレイジーな小説家?コンビニでアルバイトを続ける理由とは

 

 

同業者にも愛される作家・村田沙耶香さん

黒のロングヘア、優しそうな表情、可愛らしい声に穏やかな話し方。

そんな彼女の愛称は、
クレイジー沙耶香!!

見た目からは程遠いその愛称は、彼女の作品を読めば納得することと思います😁

 

2016年2月6日放送の【王様のブランチ】にご出演されていました☆

 

 

スポンサーリンク

「本当の本当」は何なんだろう?
幼少期からのクレイジーな考え

村田沙耶香さんのテーマは「本当の本当」

彼女の昔からの口癖(考え)が、そのまんま作品を生み出す力になっているようです☆

 

 

「本当の本当」は何なんだろう?

 

 

「女の子なんだからこうしなさい」

「それはそういうものなんだ」

などなど……

 

 

でもそれって本当なのかな?

「本当の本当」があるんじゃないのかな?

 

子供の頃から、世の中で「当たり前」と言われていることに疑問を抱いて生きている村田さん。

小学生の頃から、周りの同級生たちを見て人間観察をしていたそうです。

 

 

何だかこの考え方、朝ドラ【あさが来た】の白岡あさみたいですね(笑)

【あさが来た】の詳細はこちらをご覧ください↓
安定の視聴率!朝ドラ「あさが来た」あらすじ 人気の理由は?「なんでどす?精神」で成功した女性の物語

朝ドラ初出演「あさが来た」五代才助役 逆輸入俳優ディーン・フジオカは結婚していて子どもは2人!

 

アイディアが生まれる?
コンビニで週3アルバイト

売れっ子小説家の村田沙耶香さん✨

他で働く必要なんてないのに、村田さんはコンビニでアルバイトをしています(@_@;)

 

週3日の5時間労働(休憩15分)

って、けっこう働いちゃってるし(笑)

 

村田さんは、コンビニでの仕事中にアイディアが思い浮かぶことが多々あるらしく「コンビニ依存症」という言葉をご自身で使われていました★

15分の休憩時間中に、生まれたアイディアをメモしているんですって😁

 

自分の楽な場所にだけ居るのではなく、コンビニの仕事のようにやらなくてはいけない拘束されたところに身を置いたほうが分かることもあるとか。

過去の作品も、ラストシーンなどのけっこう大事なアイディアがコンビニで思い浮かんでいるらしいですよ(✽ ゚д゚ ✽)

 

家族の「本当の本当」
って何なんだろう?

家族って何なんだろう?

家族の「本当の本当」って何なんだろう?

その考えから生まれた作品が
【消滅世界】(2015年)

 

原始時代の多夫多妻制(乱婚制度)
現代の人間が同じことをしたらそれは狂人でしかない。

「常識」は時代と共に変わる。

 

人を裁く「本当の本当」
って何なんだろう?

殺人はもちろん裁かなければいけないことだけど、裁くとはどういうことなのか。

「本当の本当」は何なんだろう?

ならば、殺人が許される世界の話を書けば、何か分かるかもしれない。

 

そこから生まれた作品が
【殺人出産】(2014年)

 

10人産めば、1人殺しても良い。

 

 

この作品は、海外でも翻訳出版されるほどの話題を呼びました。

 

【殺人出産】を読んだ感想

私も買って読みましたが、なんだか心がソワソワして「ナゼ?何で?どうして?」と、やりきれない気持ちで涙が出ました。

泣くような話ではないのですが💦現代のこの世に生きている私には、この作品はクレイジー過ぎて心にズッシリと来るものがありました…。

 

ただ…

 

現代の人間が「悪」だと思っている考えが、【殺人出産】の世界では「善」であったりもして…クレイジーすぎるのに、その登場人物の考えも理解出来ちゃう自分も居て…

 

「善と悪は紙一重」

それを改めて思い知らされ、そしてその感情に気付いた時に、結局また心がズッシリ重くなりました…(笑)

 

私はよくいう読書家ではないので、うまく言葉に出来ませんが💦それが素直な感想です。

 

村田沙耶香さんのプロフィール

1979年、千葉県生まれ。

玉川大学 文学部を卒業。

2003年に小説家デビュー。

2008年に【ギンイロノウタ】で野間文芸新人賞を受賞。

2012年に【しろいろの街の、その骨の体温の】で三島由紀夫賞を受賞。

 

 

スポンサーリンク