モヤさまで紹介された北新横浜の超辺鄙なラーメン屋「丹行味素」が駅前に移転!

 

 

 

こんにちは、食いしん坊主婦・あゆ~ばです!

 

2015年9月20日に放送された【モヤモヤさまぁ~ず】で、横浜市営地下鉄ブルーライン・北新横浜駅周辺が取り上げられました。

 

さまぁ~ずがお昼ごはんに選んだラーメン屋さん🍜丹行味素🍜

私は丹行味素に行ったことはなかったのですが、友人から聞いていたので存在は知っていました☆「味噌の他に醤油やタンメンもあるんだけど、全部美味しい」と✨

 

今日は「丹行味素」の詳細&行ってみた感想をご紹介致します☆

 

 

2017年1月に「丹行味素」は北新横浜の駅前に移転しました。

この記事ではけっこう酷評になってしまいましたが、新店舗に行って「丹行味素」のイメージが変わりました(^o^)

 

移転後に行ってみた詳細はこちらをご覧ください↓
北新横浜駅前のラーメン屋「丹行味素」おすすめメニューは?特大がっつり完食出来ますか?

 

 

スポンサーリンク

 

モヤさまで紹介された3品

・焼きそばクリームシチューのせ がっつり
(950円)

・燻製焼豚 焦がし味噌麺
(1,000円)

・特大ガッツリ!極濃醤油麺
(1,100円)

 

焼きそばクリームシチューのせ がっつり

ソース焼きそばの上にクリームシチューがのっているような説明なのですが、テレビで見た感じでは、もやしとコーンと挽肉のあんかけが少しのっているだけという感じ(・・)でもクリームソースっぽい味はするそうですよ。でも「簡単に言うとあんかけ焼きそば」という感想を言われていたので、たぶん見た目通りの味なのではないかと…。

 

気軽にガッツリは危険!

ちなみに商品名にガッツリが付くものは、店主が店の外で作っている燻製焼豚と唐揚げと玉子が付くっぽいです。

燻製焼豚は、THE厚切りベーコンという感じのものでした。

そして特大が付くやつは、鶏肉を1枚使用した草履サイズの特大唐揚げが入っています💦

 

燻製焼豚 焦がし味噌麺

もやしの上に肉味噌がのっているだけの見た目シンプル☆

ただテレビでは燻製焼豚の味噌麺を注文されていたので、例の大きな厚切りベーコンがどどんと3枚!かなり素敵な見た目でした(*´﹃`*)

スープは、担々麺のような濃厚さらしいです。テレビで見た感じでも、その表現通りの色のスープ。そこに黒胡椒のようなものがカナリ浮いていたのですが、やはり胡椒のピリッとした辛さもしっかり来るそう。

そしてビックリふっとい麺!太麺大好きーッ💕

 

特大ガッツリ!極濃醤油麺

豚骨醤油というか…どっちかというとトンコツに近いような色をしていました💧あ、ベースは豚骨らしいので💡それだけ豚骨の脂っぽさを感じるような色ということです。

家系(豚骨醤油)は大好きだけど、とんこつラーメンは好きじゃない私💧でも気になる…。

 

具材はホロホロした感じのチャーシュー・メンマ・のり・小口切りの生ネギです。

特大唐揚げが入っている商品は、見た目 圧巻です!(✽ ゚д゚ ✽)私は絶対食べきれない💧

 

麺は、味噌とおんなじ太麺を使用しているそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

丹行味素に行ってみた!

テレビの影響で混んでるということはネット情報で知っていたのですが、モヤさま放送から2週間、少しは落ち着いただろうと夫婦で丹行味素に行ってみました♪

念のため、11時半の開店時間の10分前に到着するように出発。北新横浜駅から徒歩10分ほどの距離。もうそろそろ着くというあたりで旦那が「ぅわ…」と一言💧もう列が出来てる💦夫婦でいらしてる方、一人でいらしてる方、開店10分前ですでに8組ほどが待っていました。

 

3人くらい座れる丸いテーブル席が2つと、カウンターが確か7席くらいあるのですが、テーブル席の方は相席になります。丸テーブルで相席って気まずそう💧

とりあえず、8組待ちの時点で最初の客になれないこと決定★(´∀`;)

 

食券

入り口すぐのところに券売機があり、そこで食券を買います。

列が出来てる時の券売機って焦る~💦私たちはメニューの下調べをしてから行ったので、何を食べるか迷わずに済みましたが(^。^;)

私は 燻製焼豚 極濃醤油麺(1,000円)
彼は 燻製焼豚 野菜タンメン(1,000円)

 

従業員は店主だけ

券売機のある場所は待合室になっていて、10人くらいは座れたかなぁ。そこで「次の方は何名様?」と店主に声をかけてもらえるのを待ちます。

従業員はこちらの店主一人だけ。ご案内→料理→運びを一人でされています。その為、食器を下げるのはセルフ。食べ終えたら自分でしっかり片付けましょう。

 

開店前に行っても30分待ち

結局、開店から30分待ちました💦

運良くカウンター席でした😁

ラーメン屋に慣れている旦那は席に着くなり、場所を知っているかのようにササッとお冷を持ってきてくれました(笑)お冷が麦茶なのが私は嬉しかった♪

 

周りに運ばれてくる商品を見ていると、特大やガッツリを注文されている方が多くてビックリしました(゚∀゚;)そんなにヤングには見えなかったのですが、みなさん頼もしいですね(笑)

 

テレビで見たまんまの極厚

しばらく待って私の醤油麺が登場!

まず目がいったのは、テレビで見た通りの燻製焼豚の厚み!3枚中の1枚は、確実に厚みが1cm超えてました💦厚みで言ったらあんな太いメンマも見たことなかったな💦

そしてテレビで見たよりは白くないスープ💡良かった~(笑)

 

食べた感想

燻製焼豚 極濃醤油麺

家系よりもだいぶ脂っぽい

「麺はかため」と店内に貼紙がしてありましたがこれは…硬すぎる💧時間が経てば少しはマシになるかと思ったけど、麺が太いからか、ただ粉っぽさを感じるようになっただけでした💧💧あれはまるで、私の苦手なほうとうのようだった…。

・燻製焼豚は噛みちぎって食べる感じ。燻製の香りは強めなので、スモーキーな感じが好きな人には良いと思います。私は苦手なものでして(´∀`;)なんで頼んだのか…バカですね💧

・チャーシューはホロホロしていて味も美味しかったです。でも半分くらいゼラチンのようなプニプニした部分で、残念ながらそれは苦手なのでその部分だけ残しました。

・ちょっと入っているネギが味の良いアクセントになっていて良かったです。でも少量なのでだいぶ最初の段階で無くなります(;O;)

・時間が経って冷めてくると、脂っぽさが半端なく、というか旨味とか一切感じなくなります💧脂っぽさオンリー💧量も多かったこともあり、残してしまいました。

 

燻製焼豚 野菜タンメン

私の醤油麺のだいぶ後に、彼のタンメンが登場(^_^;)

周りを見た感じ、タンメンを頼んでいたのはうちの旦那と他1人だけのようです。同じ味のオーダーをまとめて作るらしいので、タンメンは遅くなったのでしょうね(^^ゞ

 

タンメンは平打ち麺です。そして硬麺です💧

見た目は透きとおった感じのスープ。

すでに醤油麺をだいぶ食べていたので、一口もらったけど私の舌では味がもうよく分かりませんでした💧ただ胡椒が効いている感じはしました。

旦那いわく「普通」だそうです。

 

 

結果的に、私はやっぱり家系が良いや♪と思いました(^o^;)

 

北新横浜の駅前に移転

追記です。

北新横浜駅から徒歩10分くらいのところにあった丹行味素ですが、2017年1月11日に北新横浜の駅前のビルに移転オープンされました☆

【モヤモヤさまぁ~ず2】から花輪届いてましたよ(✽ ゚д゚ ✽)

 

住所 〒223-0059
神奈川県横浜市港北区北新横浜1-3-10加瀬ビル1階
電話番号 080-4449-3515
定休日 水曜日
営業時間(日月火) 11:30~14:00
※スープが無くなり次第終了
営業時間(木金土) 11:30~14:00/17:30~21:00
※スープが無くなり次第終了

 

移転に伴い、木金土は夜の営業も始めたそうです。

ラストオーダーは20:30とのこと。

 

店主のブログに「夜間はいつも長続きしないから 今回は長く出来るよう 来店お待ちしてます」と書かれていました笑

移転先は駅前ということで立地に恵まれていますし、北新横浜は工場が多く、たくさんの方が働かれている町です。今回は夜の営業も長く出来るかもしれませんね😁

 

スポンサーリンク