みをつくし料理帖「ふきご飯」の作り方 蕗は捨てるところが無いえらい野菜!

こんにちは、食いしん坊主婦・あゆ~ばです!

 

今回の【みをつくし料理帖】もホロッと泣いてしまいました。

あなたは「旭日昇天(きょくじつしょうてん)」と「雲外蒼天(うんがいそうてん)」どっちが良いですか?私はどっちも嫌だけど…笑

 

今回の「澪の献立帖」は、ほろにが蕗(ふき)ご飯でした。
上の画像はどう見ても豆ご飯ですがドンマイということで…^^;

 

ふきは、捨てるところが無いエライ野菜らしいです☆

ふきと言えば茎の部分を思い浮かべますが、葉っぱは当座煮などにすると美味しいらしく、剥いた茎の皮でお鍋などをこするとピッカピカになるらしいですよ(✽ ゚д゚ ✽)

私はふきが苦手なので、作ることは絶対に無いと思いますが…(ーー;)

 

「澪の献立帖」レシピ特集はこちらをご覧ください↓
【特集】みをつくし料理帖のドラマレシピ「澪の献立帖」は家庭的なご飯で役立ちます

 

 

スポンサーリンク

 

「ほろにが蕗ご飯」レシピ

材料①

  • ふき 3本
  • 塩 小さじ1/2
  • 砂糖 小さじ2
  • 酒 小さじ2
  • 出汁 300ml
  • 薄口醤油 小さじ2

材料②

  • 米 2カップ
  • 出汁 450ml
  • 塩 小さじ1/3
  • みりん 大さじ1

 

作り方

ふきは葉を落とし、鍋に入る長さに切りそろえる。

たっぷりの塩で板ずりしてからしんなりするまで茹で、すぐに水でさらして、皮を丁寧に剥いて水気を切っておく。

温めた出汁に、塩、砂糖、酒、薄口醤油を加え(材料①)ひと煮立ちさせたら水気を切ったふきにかけて10分程おく。
10分程おく際に、赤唐辛子を落としておくと味がしまる。

鍋に研いだ米、出汁、みりん、塩を加えて(材料②)ご飯を炊いて約8分蒸らす。
炊飯器の場合も同じ。

ご飯を蒸らす時に、小口切りしたふきを加え、10秒強火で加熱して火を消して完成♪

 

ポイント

蒸らしあがったら、上下を返して空気を入れるとふきが色鮮やかにな仕上がる。

切り落としたふきの葉は、じゃこを加えて当座煮にすると美味しく食べられる☆

 

まとめ

ご飯が色鮮やかになるのは良いなと思いました。

が、ふき嫌いの私は、やっぱり食べるのには勇気がいります^^;ご飯と混ざっちゃってると逃げ場が無いからなぁ(*_*;

私はふきの茎しか食べたことがないのですが、葉っぱのほうがクセが無いのかなぁ?ふきの葉の当座煮なら食べられるような気が少ししました。分かんないけどね!?

 

スポンサーリンク